最近、オーストリアの応用科学大学とマイクロソフトでは、FlexCaseの電話殻というコ

最近、オーストリアの応用科学大学とマイクロソフトでは、FlexCaseの電話殻というコンセプトを共同開発し、スマートフォンの使用を強化しています。 FlexCase最大の明るいスポットがジェスチャーをつまみ、圧電回路圧迫によって、デバイスが検出されたジェスチャーを通じてスマートフォン自体よりも多くの機能を持ってスマートフォンに「セカンダリディスプレイ」をもたらす能力である、ことが報告されています明らかに、ディスプレイに触れることなく、特定のタスクを実行する方が速いです。 グッチiPhone Xケース FlexCaseは、クリップボードのコンテンツ管理、コピー&ペースト操作を含むことができますが、リズムのクリック、曲げやスライド、その他の操作によってスケーリング、回転などのインタラクティブな操作を実現します。 ディスプレイは、紙の厚さに取り付けられた伝統的なスマートフォンの圧電回路部品で作られていますが、異なる圧力レベルを正確に測定することができます。 シャネルiphone7ケース 2番目の画面は、胴体の背面で回転することができ、コピー&ペースト操作を完了するために画面を切り替えることはできませんし、安全にあなたのアカウントのパスワードを入力するキーボードになることさえできます。 FlexCaseは現在のR&D状態にありますので、外部のケーブルやラフなハンギングとは何ですか?しかし、近い将来、この技術を量産製品で見ることができ、スマートフォンの操作経験がよりインテリジェントになることは予見できます。 グッチiPhone Xケース感情は、フィルムを防ぐために簡単ではありませんが しかし、Shadezeは柔軟性に勝ちます 結局のところ、すべてがアンチグレアである必要はありません 別のシェードズにも利点があります 太陽を塞ぐことができる 特に複雑な環境下では セルフタイマー効果が良いかもしれません。

おそらく、 "Yotaphone"携帯電話のすべての人は、フロントカラーの容量性スクリー

おそらく、 "Yotaphone"携帯電話のすべての人は、フロントカラーの容量性スクリーン、リア電子インク電子インクスクリーンのユニークなデザイン、情報を表示する電子インクスクリーン、電子書籍など、いくつかの印象、このユニークなデュアルスクリーン携帯電話、屋外での読書をより快適にし、携帯電話の電池寿命を効果的に延長するために、地図、メモなどのコンテンツを提供します。そして今、「Oaxis InkCase」の電話殻で、スマートフォンを「Yotaphone」に入れることができます。 シャネルiphone7ケース Oaxis InkCaseのデザインコンセプトとYotaphoneは、電子インクスクリーンを収納するために電話殻の背面に似ており、内蔵バッテリーは、ボリュームを身に着けた後に電話を約50グラム増加させる、厚さが倍増します。内蔵バッテリは、しかし、そのバッテリ寿命は約4日間であるにもかかわらず、相対的に言えば、失望のデータです。 アイフォン8シャネル電話ケースはBluetooth技術を使用して電子インク画面をスマートフォンに接続します。独自のアプリケーションストアを使用して、電子書籍リーダー、フォトアルバム、ニュースなどのアプリケーションをインストールできます。 ルイヴィトンiphone8ケースさらに、アプリケーションの通知、気象情報は、電子インク画面に表示することができます、画面の下部にボタンも操作を反転することができます。 マジックフォンシェル:通常の携帯電話の変更 "ダブル画面" Oaxis InkCaseは、Apple iPhone 5s / 5、Samsung Galaxy S4、Note 2、Note 3、Nexus 5など、さまざまな主流のスマートフォンと互換性があります。 iPhone7ケース ブランドしかし、iPhoneやノートモデルなど、通常の縦型シェルを使用するモデルなど、いくつかの違いがあります。また、Galaxy 4は、折りたたみ式のクラムシェルシェル、電子インクスクリーンです。 グッチiPhone Xケース画面サイズは同じではありません。注2は4.3インチに達しましたが、iPhoneのバージョンは3.5インチです。 シャネルiPhone Xケース マジックフォンシェル:通常の携帯電話の変更 "ダブル画面" 現在、Oaxis InkCaseは130 USドル(約800元)の価格で販売されています。明らかに、電池寿命が短くて価格が高いほど、結局のところ、Kindleの価格だけでなく、それほど実用的ではありません。 グッチiPhone Xケースしかし、あなたは "電子インクスクリーン+タッチスクリーン電話"の経験を得たい場合、それは唯一の選択肢かもしれません。